インフルエンザの季節到来です。

2012年11月13日|カテゴリー「スタッフブログ

インフルエンザの季節到来です。
空気の中にどこにでもいるインフルエンザウィルスですが、
気温が下がり、湿度が減ってくると、がぜん元気に活発に動きまわり、
生き物の細胞に入って増殖しはじめます。
人の免疫力は弱くなる
寒くなると、人は体温を保つのにエネルギーをより使い、免疫力は弱まります。
そして、夏に比べてあまり喉も渇きを感じず、体内の水分量も減ってきて、
喉などの粘膜にウィルスがつきやすくなります。
インフルエンザにかかりにくくするには
なるべくかからないようにするには、手洗い・うがい・マスクの徹底で自己防衛しましょう。
水分補給をして、免疫力をあげるような生姜・にんにく・ねぎ・山芋などを普段の食事に取り入れましょう。
さらに加湿器などで湿度調整したり、汚れた空気は抵抗力を弱めるので、
空気を入れ替え、室内を新鮮な空気に保つようにしましょう。
GEOパワーシステムの家では、
地中に埋設されたパイプにメンテナンスのために給水ができるようになっており、
その水に空気が触れることで花粉や粉塵などの除塵効果が確認されています。
つまり、窓を閉め切ったままでも常に新鮮な空気が家の中に送り込まれているということになります。
さらに、乾燥した空気はパイプ底の水に触れることで加湿され、家の中へと送り込まれるので、
GEOパワーのない家と比べると湿度も高めだといえます。
しかし、GEOパワーだけでは理想の「18~20℃」程度の気温、
また「60%」程度の湿度を維持することは難しいので、
エアコン・ストーブなどで補助的に部屋を暖める際は、加湿も忘れずに行うことをお勧めします。

ジオパワーシステムを採用されたお客様からは「地熱の家では調湿効果のおかげか、
喉がイガイガしたりしないのでいいですね。」(大地の風266号)「風邪をひかなくなり、花粉症の症状もほぼ出なくなりました。」(大地の風267号)など、お喜びの声をいただいております。