木造で家を建てたいのですが、どんな工法がよいのですか?

伝統ある「在来工法」を主体としつつ、建築資材の良いものだけを吟味して取り入れています。

青谷建築工房の家づくりの考え方の中に、建築物はその土地の気候文化風土に合ったものが最適であるという考え方があります。

日本は古来、柱と梁で建物を支える在来工法が主体でした。古くから世代を超えて残っている寺社仏閣や城の類はすべてこの在来工法で建てられています。

当社が家づくりをさせていただいている高島市や湖北エリアに残る寺社や城も全てこの在来工法で建てられています。

つまり夏は高温多湿、冬は雪まで積もる厳しい住環境の高島市や湖北部の気候文化風土に合う工法は、在来工法だと考えます。

勿論、時代とともに柱と梁をつなぐ金物が発達して良いものが開発されたり、地震や風などの横からの荷重に耐えられるように構造にも使える耐力性あるパネルが開発されたりと、建築技術は日進月歩で進歩しています。

青谷建築工房では、伝統ある在来工法を主体としつつ、日々進歩する建築資材の良いものだけを吟味して取り入れることにより、先進の家づくりに取り組んでいます。