自然素材住宅

戦後、合理化・低コスト化が進んだ日本の家づくり。その裏では様々な弊害が生まれました。
「シックハウス症候群」や「化学物質過敏症」は、ビニールクロスや合板フローリング、塩化ビニールシートなど、
化学物質を含んだ建材が原因だと言われています。
内観
自然素材住宅は健康住宅と良く耳にしますが、 どの様な家づくりなのでしょうか? 100%自然素材を使った家なので しょうか?
ログハウスのように家中木で包まれた家が、健康住宅と言えるのでしょうか?

 一方で、家中温度差のない~夏は涼しく 冬暖かい~「高気密・高断熱住宅」は、健康住宅なのでしょうか?

無垢材や珪藻土など、家づくりに使われる自然素材には「呼吸をする」という特徴があります。
この呼吸する素材が、健康的で快適な住まいづくりのポイントとなるのです。

私共は今日までの営みの中で 「ひとつの答え(想い)」を見出しました。
内観

当社は「健康的に暮らせる家」として、 木材(自然素材)と地熱(自然エネルギー) を利用した「自然共生住宅」を皆様に おすすめしています。

木材を使うことで、ぬくもりのある室内を実現し、地熱を利用することで、エアコンなしで 快適に過ごせる家ができました。

この家づくりを通して、近江商人の精神で ある「三方よし」(買い手よし、売り手よし、 世間よし)に、もう一方『地球環境に良し』 の想いをのせて「四方よし」とも言える家づくりを提案いたします。

是非とも『体感モデルハウス』にお越しいただき、そのよさを感じてください。

施工事例はこちら!

自然素材住宅